2019年04月28日

新元号に思ったこと

 やっぱり5月1日に「あけましておめでとうございます」って言うの?
 4月30日に除夜の鐘がなったらどうしよう。
 ちなみに四天王寺では御代代わりの護摩祈祷をするのだそうで。
 今上が退位し、東宮が即位され、御代代わりに伴い、改元が行われる。
 元号は「令和」だそうで。

 遅ればせながら。
 もう今日すでに「れいわ」と入力すると一発変換できるようになっている。すごいねえ。
出展は『万葉集』だそうで。梅の花三十二首の序文、おそらく大伴旅人が書いたであろうというところから名づけられたのだそう。「初春の令月にして、氣淑く風和ぎ…」。
 既に知れ渡っているところをだらだらと書いても仕方がないし、私は『万葉集』が専門でもなんでもないし、まあ、高校の先生程度の知識しかありません。もしかして間違えているかも、と、びくびくしながら(嘘ばっかり)授業でも説明しています。
 やはり万葉集といえば、旅人の息子、家持の巻末の歌。

 新(あらた)しき年の初めの初春の今日降る雪のいやしけ吉事(よごと)

 新春に雪が降っていて、その雪のようにますますよい事が積もっていきますように、なんて説明して、今までこんな大きな歌集は日本になかったが、有志によって(つまり国から収集の資金も出ず)初めて作られ、その歌集の最後がスタートの歌で始まってる、これが憎いよね、これから日本の文化がますます栄えるようにって祈りをこめたんだよーとか適当なことを言って『万葉集』を説明する。そして教科書に載っている東歌や防人歌なんかも紹介するわけだが、おそらく日本で始めての大規模な歌集を作成するんだというプライドの元に作られたのだろう、と私は勝手なことを文献の確認もせずにべらべらとしゃべる。

 この「令和」が発表されるや否や、中国サイドから「元ネタ」は中国の書物だと指摘されたそう。いや、知ってるでしょ、選んだ学者。もし噂通り中西進氏(もしくはそのクラスの学者)なら、そんなこと知らないはずがない。日本の古典文学全集の注釈を中国の学者は見たことがないのね、と思い、その中国人の意見を紹介する日本人も、おそらくこういう系の書物を手に取ったことがないのだろうと思った(なんか寂しい…)。高校の時にさ、教科書の下の方にも書かれてるんだけど、「脚注」、それに日本の文献であろうと中国の文献であろうと、元ネタがあればちゃんと載せてあるんだよね。教科書の指導書にいたってはもっと詳しいよ。指導書は先生しか見れないとしても、高校を卒業して古典の教科書できちんと古典を読んだ人なら、注釈に何が書いてあるか読んだことあるんじゃないの?
 有名どころでは『枕草子』の「香炉峰の雪」のとことかね。
 ネットで、「万葉集だけど、ここの部分漢文なんだ」というコメントがあったりして、それを書いている人はもしかして、『万葉集』の時には平仮名カタカナがなかったということも知らないのではないだろうかと思った。 
 これでいいのか、日本。
 日本には表記文学において何度も革命的な転換点があったが、『万葉集』は最初のその一つ。その後に、平仮名片仮名の発明、紀貫之による平仮名文化の革命、女流文学の隆盛、歌論や同時代作家への作品批評、藤原定家による保存、江戸期の文法的研究、明治の言文一致運動等大きな転換点を経ながら日本の表記文学の歴史は動いてきた。(こんなことも知らずに表現のどうのと生徒に書くことを強要したらチコちゃんに叱られるんじゃあるまいか)。おそらく表記文学においての革命の端緒がやはり『万葉集』かと思うんだけど、私もその筋の学者ではないから端緒かどうかとまでは言い切れない。(それ以前に個々の歌集はあったかもしれないし。)
 でも『万葉集』の時に、現在の平仮名が存在しなかったのは知っておいてほしいかも。

 つまり表記方法が漢字漢文しかなかったのだから、部分漢文になるのは仕方がない。
 それでも万葉仮名で日本語を表記しようとした努力はすごいと思う。
 平仮名の発明によって最初の正式な言文一致がなされたんだろうな。
 さっきのNHKの番組でネットの普及で小さな個人の声をネットで発信できるようになった、それは画期的革命だとか言ってたような気がするけど、明治初期にも似たようなことなかったっけ。文字だけでなく。マスメディアにいたら知ってると思うけど。それが一部の特権階級のものにだんだんなっていったかと思うんだ。

 そして『万葉集』後、『古今和歌集』という和歌集が編纂されたが、それは、『万葉集』なしでなしえたか。そしてこれを端緒として後に他の和歌集が編纂されていくわけだが、(しかも国の事業として)、現代にして思えば家持の詠んだ歌も、詠んだ甲斐があったねって感じだよね。
 …とみてくると、今まで漢籍を元に作成された元号が、国書を元にする最初の元号として『万葉集』から選ばれたのは、非常におあつらえ向きではないかと思うのだけど。
 漢籍から国書へ、にあたって漢字の音を借りた万葉仮名を使用した、現存する我が国最初の大型歌集である『万葉集』を、しかもその部分、つまり中国の漢籍の部分が元ネタになった箇所を引いてきたんだけど、漢籍を踏まえながらも日本流に変換された部分をひいてきたというのが粋だねえと思っちゃうわけさ。だってこの記述の後に、みんなで漢詩を詠んだのではなく、似通ったシチュエーションで「日本の和歌」を詠んだんでしょ。しかも万葉仮名で表記した。
 元号が「漢籍から国書へ」へのリンクもさながら、この国の文化需要の起こりをも象徴しているようではないか。
  
 私も近代文学だから門外漢といえば門外漢なんだけど、もはやよその国にわたって、違う形に溶け込んだ作品に「元はうちだ!」とか言うのってどうなの?
 中国由来の梅の花の元、漢籍を思い浮かべながらも、和歌を詠んだという場面に意味があると思うんだけど。

 現代漫画の形式もアニメーションも元はアメリカじゃなかったっけ。
 私はガンダムフリークのアメリカ人が「元はうちだ!」なんて言うのは聞いたことがない。むしろディズニーなんてムニャムニャ…
 劣化コピーは非難されてしかるべきかもしれないが、そこにアイデンティティーが確立されていれば、もはやそれは別物だと思う。

 「令和」。深いねえ。粋だねえ。専門外の私でも感心しちゃったよ。
 オタクがオタクの知識の一部を、大っぴらに解説せず国にテレビで使ってもらってるってこういう感じかと生まれて初めて思ったわ。
 
 今上には申し訳ないが、「平成」は私にとっては残念ながらあまりいい時代じゃなかった。
 年の初めではないけれど、時代の初めに「いやしけ吉事」と祈りたいと思う。
posted by さきはなきよら at 23:44| Comment(0) | 日記

2019年04月21日

個人情報保護法違反の犠牲になり

 タイトル通り。個人情報保護法違反の犠牲になり。
 本年、常勤講師の話が来なかった。いや、正確にいうと一件あったけど、はあ?という遠い所。
 普通に、下記ブログ「ツイッターやめます@」で書いた個人情報保護法違反、ならびに、該当本人の噂ばらまきのせいだと思うわ。なぜかというと、そいつと仲間の噂ばらまき範囲からは非常勤でさえ話が来なかったから。
 つくづくと思い返せば、もう一人常勤の先生がいたんだけど、前年その先生の常勤枠がなくなると話が出て、結局それは撤回されたんだけど、その時も「とてもじゃないけど通えないところから電話かかってきた」と言っていたから、おそらく学校名と常勤講師というのだけが一人歩きしているんじゃないかと思う。そしてそいつの噂のエリア内からは全く電話がかかってこない。
 組合と管理職に多い体育教師のことをよく書いてなかったというのが原因かもしれないけど、はっきりいって別に間違えたことは書いてないし、自分が代表みたいな感じで、他の多くの人もそう思っているということを書いただけで、目の前に見えたからってやり玉に挙げるのはいかがなものか。しかも私のこの文章知ったのって違法に知ったんでしょ?
 厚かましい。
 で、その違法にというのを書いてから、前の学校の体育教師の「あたり」がなんとなく悪かったのが、全然態度が違ってきて、該当本人が学年主任をしている学年の耐寒訓練の時に、担当の体育教師が低姿勢でメンバーにご協力をとかいうもんだから一回頭にきて断ったんだけど、それでも一番手のかからないところを回してきた。本当厚かましい。
 こういう連中はまくときは大きな声でまいて、間違えていたら間違えていました、ごめんなさいということは大きな声で言って回らない。本当に迷惑極まりない。おそらく該当本人は全然反省してなくて、この事実が表に出ない事を祈ってると思う。それどころか、その個人情報保護法違反をここで書かれたことさえ「余計なこと書きやがって」と思っているかも。
 そういう態度だった。
 この該当本人は校内でもよくつかまらなくて、体育準備室におしゃべりに行き、生物準備室に居座り、たばこを吸いに外にでかけて、勤務中に他校の先生とやり取りをし、するから、学年主任をするということになったら週10コマじゃないと無理とか言い張ったんだと思うわ。夜は酒を飲みにいって、翌朝は朝つぶれて寝てる時間も必要なので、そりゃ10コマじゃないと無理でしょう。女を口説くのも忙しかったし、おかげで感想文は集めたなりで見てない、挙句の果てに卒業しちゃって捨てちゃった、わかるわかる。
 でもね、そのおしゃべりを違法に取得したネタで埋めるとか、しかも他人のことを、しかも外にまでまくってどういうことよ。
 こういうのをストーカーっていうんじゃないの?
 想ってない人を想っている妄想まいたのもこいつだと思うんだけど。

 で、今年はその遠い学校から来た非常勤と、私学の非常勤のかけもちをすることになった。収入激減なのでこいつに償ってほしいとさえ思っている。いつもの私だと形で返せないなら運気で返せとかいう。(ちなみに大阪南部だけどS野高校じゃないですよ。)

 で、今は週三日私学に行ってるんだけど、まあ私学って、本当にきれい。
 間二日の公立が廃屋に見える。
 それでも今度の公立学校は前の学校と比べて床とか貼りなおしてるので、前のとこよりきれいなんだけど、それでも廃屋に見える。机が違う、椅子が違う、壁が違う、何もかも違う。
 たぶん使われている机なんて大阪府下、工場の現場とかでしか使ってないんじゃない? 工場の事務におかれてる机椅子の方が美しいと思うよ。
 教育内容は同じで(私立学校によっては無償化のおかげでランクあがったものの、中にいる先生が同じなので進学率が公立よりも悪いところもあり、ということは偏差値ではなく進学率で学校は選ばないといけない)、教育環境は格段の差があり、おそらく情操教育という面では公立は絶望的。トップ校進学校は建て直されてるところも多いんだけど、せっかく建て直しても掃除の業者が入ってないのでやっぱりあちこち汚い。
 オードリー・ヘップバーンの「マイフェアレディ―」は上流階層の言葉を使えば上流階級の品や所作が身につくという説の実験実証を映画化したものというけど、それなりに美しい環境におかれれば、人間って品とか所作の美しさが変わり、考え方にまで影響するもので、
どれだけ成り上がりでも富裕層の家庭に育った子にはそれなりの何かが備わっているもの。公立高校はそれをすべて放棄しているようにさえ思える。
 それでまた、トイレは松井一郎知事が「大阪一汚いトイレ」と言われているので改装費を下したんだけど、それを他の修繕費に回してしまって、未だに廃屋のトイレのところ多数だし。(「大阪一汚いトイレ」って私が言ったんだ。きいているんなら他のところも聞き入れればいいのに。あいつ間違えてもビリーじゃない。)
 
 ただ今の二校とも職員室他静かだわ。前の学校みたいに教室で授業する声で準備室や職員室で話す教員が多数いたところが珍しいのかもしれない。私学の方などは最初の会議の時に大きな声で無駄話するなと注意が入った。やはり大学入試問題を解かないといけない教科の先生が管理職をしている学校は違うわ。今まで20数校回って、私学は非常勤の先生が教科を超えて隣同士で席を持ち、話をするのでいろんな学校の噂きくけど、本当にそう思う。そしてそうでない教科の先生が管理職をしている私学って軒並み進学率を落としている。
 それだけでなく、職員室で生徒の話をしていたら、遅れてきた生徒や保護者がきいていて、それが本人に伝わったケースもあるから重々注意するようにとまで付け加えていた。そうなのよ。でっかい声で生徒の話を普通にしてたもの、前の学校。でっかい笑い声は聞こえてくるし本当にうるさくって、私はよく静かに問題が解けたり教材研究できる場所を探しては流浪してたわ。
 
 しかしその廃屋のような校舎に、何かと無茶な状況が上から降りてきて、ああすればいいこうすればいいと書いても受け入れられない状況からすると、やはり公立はもう未来がないんじゃないかとつらつら思ってしまう。私学無償化を決め、定員割れを三年起こせば廃校と決めたのは橋下徹だけど、彼は自分の母校は安心安泰だと思ったんだろう。でも、今のベテラン層がはけたらその母校の教育を支える頭脳はいなくなるんじゃないかしら。その時にいるのはせいぜい3校目で、間に底辺で10年やったブランクがあるか、前任校がよくて中堅10年か。特に国語科がその状況で、数学の先生でさえ「国語はすべての教科の基礎」とまで言うのに進学校を経験したベテランがいない時代が来る(たぶんこの重みは座学の先生にしかわからない)。再任用をあてにしているかもしれないが、私の知る限りでは、人というのは給料に見合った仕事しかしない。トップ校だっていつ落ちるかわからない。それでなくても鍛えられていない頭脳はすぐ弱る。弱った頭脳は自分の忙しさと天秤にかけて、楽にできることを選択したがる。

 ちなみにまた「上の方の学校ばっかり行ってるね」と言われた。
 いや、何度も書くけど偶然なんだけど。
 同じ講師の先生に、依頼がきて断るのが嫌なら電話に出なければいいんですよ、と教えてあげたことはあるが、実行に移したことはないし。
 でもね、私の人生のトータルからすれば、それでも不遇だと思ってしまうんだけど。だってクレジットに入れられてれば、もっと別の道を行けてたはず。
posted by さきはなきよら at 19:54| Comment(0) | 日記