2018年01月31日

韓国ドラマから朝鮮王朝の性奴隷制度について考えてみた

 間違えたことを書いていたらご容赦いただきたい。
 とりあえず、慰安婦問題は別として、韓国ドラマは出来のよい作品が多いです。多いので日本のよりは断然見ます。しかし忙しいのでそれほど数をこなしているわけではありません。
 正直な話、かつては韓国という国にはさして興味がなかったので、慰安婦問題が出てきたときも、あれだけ大きな声で訴えるんだから、てっきり、日本における遊女のような存在はないのかと思っていました。ところが、ソン・ヘギョ主演映画『ファンジニ』を見た時、「なんだいたんじゃん。」と思いました。
 『ファンジニ』は朝鮮王朝実在の人物で、ドラマの『ファンジニ』の方が知られています。映画の『ファンジニ』は、両班という貴族階級の娘が落ちて妓生(キーセン)という職業に就く話。ドラマの『ファンジニ』だと日本でいう芸子の話かなと思うのですが、よくよく両方を照らし合わせてみると、ドラマと映画で焦点の当て方というか、書き方が違うだけで、日本の江戸初期の遊女が、春を売るそれと、芸妓を兼ね備えていたのと同じように、朝鮮王朝初期もどうやらそれらしい。それが日本の場合、時代を経るにしたがって、春を売る遊女と、芸を売る芸妓に分かれていったのだけど、朝鮮王朝は、ほぼ、分かれなかったらしい。

 さて、そういう階級がいるのだなと認識していた上で、キーセンというのがどうも日本でいう遊女に相当し、今現在NHKで放送中の『オクニョ〜運命の女〜』(原題『獄中花』)でも、マノクという登場人物がソソロウというキーセン宿に勧誘されるとき、「うちは体を売るようなことはさせない」と言っていたのからもわかるように、普通のキーセンは当然売春もする、のだということがそこでわかる。
 この妓生(キーセン)という遊女たちは、wikipediaという出自確かならぬネット上の辞書によると、多くは奴婢の階級のものであると。朝鮮王朝には奴婢という奴隷階級があったのだけど、そういう人たちが従事したものだという。
 
 では一体それがどういうふうに行われたかと。当然キーセンという職に就こうとして就いたというのがあるのだけれど、気になるのが、自主的でない性奴隷の人たちがいたということ。
 最初に目についたのが、『イニョプの道』(原題『下女たち』)のワンシーン。主人公ともう一人の下女が主人から「種受けになれ」と言われる。(ちなみにこの作品の中では「奴隷市場」の話も出てきて、そこに売りに出す話も出てくる。)最初見ていて「『種受け』ってなんじゃい」と思っていたら、話が展開するにつれて、両班という貴族階級に子供ができない場合、奴婢の女性とただただ子供を作るためだけに性行為をし、出来て、産んだら、側室にもせず手当さえも与えず子供だけとりあげてさようなら、という制度らしい。仮腹といえば聞こえはいいが、見る限りでは、「行きなさい」→行く「入りなさい」→部屋に入る、ガバッって感じで、本人が内心嫌だと思っているのにも関わらず、嫌が言えない。当然のごとくそれに従事するのが当たり前。人権なんて全然ない。言ってみるならば「強制」。
 この「種受け」制度は日本が韓国併合したときに禁止したので、それ以降はない制度らしい。
 
 いや、とんでもない「性奴隷」ですわ。

 で、その『イニョプの道』ではやはり、言うことを聞かせるために2人の奴婢を見せしめに肉体を痛めつけるという場面も出てくるのだが、それを見ていて、かつて櫻井よしこ氏が「慰安婦を連れていくときに、みんなが嫌がるので皆の前で裸にして体を血が流れるぐらい痛めつけ、そして言うことを聞かせるのですって」(若干間違えているかもしれないけど大筋はこんな感じ)と紹介しておられ、「日本人がそんなことするはずないじゃないですか」とも付け加えていらっしゃった。確かに日本人の感覚にはそぐわない。根底に「武士道」があるし、仁を重んじるし。はっきりいって「美しくない」ことは、したことがバレたら武士に怒られるし、そもそも民衆もしない。が、このエピソードは、韓国ドラマの時代劇を見ていたら、うんうんうんという場面によく遭遇する。朝鮮王朝では珍しくないことではないかと思う。
 つまり、櫻井氏が紹介していらしたエピソードは、朝鮮人の中では珍しくない行為なのではないかと。もっというと、それは朝鮮人だけの中で行われたものだと。
 私見だけど、そこに日本の軍服だか警察の服だか来て強制していったというんだけど、韓国併合時代の韓国は、そこは日本統治なので、そこにいる軍人も警察も日本の制服を着ているんだよね。で、普通に考えて、大韓帝国で雇われていた軍や警察をいったん解雇して雇いなおすよりは、現地民をそのまま雇った方が煩雑ではないし土地にも言葉にも明るいわけで、制服だけ着替えさせて従事させたと考える方が自然じゃないかと思う。警察は朝鮮王朝時代のポドチョンだよね。軍も普通に存在した。賄賂が慣習的に行われていたのも普通に描かれている。早い話、そこにいた警察と軍は、現地の韓国人じゃないんだろうか。

 話を戻しましょう。韓国ドラマの話。
 イ・ビョンフン監督作品に『馬医』というドラマがある。これが面白いんだ。ところどころ、「あれ?なんか変じゃない?」という展開もなくはないが、それを振り切っても見られる。
 その『馬医』はエピソードの最初で、えん罪で処刑された両班で医師の父親の子(男)と、その父親に恩のある奴婢の子(女)が、入れ替えられるのだが、クライマックス近くでその身分が元に戻るというシーンが出てくる。その時に周囲が必死で奴婢に落ちるヒロインを助けようと奔走するのだが……もう、一刻を争うという感じで、なんかおかしいなと思って見ているのだけど、なんでそこまで急ぐのかの説明が全然ない。もしかして性奴隷にでもされるのかしら、と思っていたが、結局答えはなかった。
 そして、上でも紹介した同じくイ・ビョンフン監督作品『オクニョ〜運命の女〜』(原題『獄中花』)。これは二〇話ぐらいまでだるかったけど、途中から確変するのだ。
 で、その作品の中で、主人公のオクニョが罪をきて奴婢に落とされる場面がある。官婢かな、という感じなんだけど、ある時都から貴人がやってきて、そこでオクニョがある部屋に呼ばれる。「本日その貴人の夜伽に…」という展開になり、着替えさせられ化粧をされて、「こんなきれいな子は見たことがない」のどうのというのだけど、オクニョは内心嫌だと思っているのがよくわかるのだが、嫌だと言わない、言えない。まるでそれが奴婢に与えられた役割の一つででもあるようにさえ見える。
 してみれば、『馬医』も、一刻を争うように奴婢になるのを阻止しようとしたのは、結局はヒロインにそういう運命が待っていると知っているからなのかと、やはりそうなのかと思った。思い返してみれば、ヒロインは子供の頃、入れ替えられた方の親の罪のためにやはり官婢になっているのだが、大人になる前に逃げ出している。つまりそういう運命が待っているせいなのかと。

 ここで、大きく私見を入れると、なぜ彼女らが否を言わないかというと、言うと折檻されるのだと思う。拒絶し続ければ奴隷市場へ売られる。そういうふうに定められた階級なのではないのだろうか。不美人なら下女に、見目麗しければ夜伽も。官婢、私婢として仕えているものはそうで、そうでないものは多くは若年時キーセンになり、それが朝鮮王朝キーセンの基本となった。
 すると、キーセンというのは親の必要に応じて、あるいは主人の必要に応じて、そのキーセン宿に文字通り「売られた」。日本の遊女制度は、借金や一定の金のために遊女屋へ「売られていく」という言い方をしますが、期限を限った契約であって、本当に奴隷のように売られるわけではありません。本人合意のもとに、場合によっては泣く泣く行く場合もありますが、「年季」が明ければ家に帰れます。しかし朝鮮王朝の奴隷制度の中では、確かに年齢的な限界はあるけれども、奴婢の階級はずっと奴婢で、売られて商品価値がなくなると戻り、またその子が妙齢に達するとキーセンとして売られるということを繰り返していたのではないでしょうか。
 ゆえに、朝鮮王朝の中の遊女たちは、親にキーセンにさせられ、官婢、私婢は性の奉仕をさせられた。日本政府が「強制はならぬ」とおふれを出したけれども、そもそも歴史的に強制が普通の国で、武士道なんてもんがないのであれば、たぶんほとんどが強制になったはず。(募集をかけたら応募が殺到したのだそうだが、給金がいいから一般階級の中からも応募が発生し、奴婢では、よくきく話で、キーセン宿から「転売」されるケースもあった。)
 「慰安婦」というのも元から朝鮮王朝にはいたらしく、そもそもキーセン自体、両班が一般の子女をおかさないために設けた制度だという説もある。日本の従軍慰安婦と同じ発想ですね(慰安婦制度のなかったアメリカの戦勝地での軍人による民間人婦女暴行の数はとんでもなかったらしい。そういうのを避けるため。)。
 つまり、朝鮮王朝でもともとあったキーセンという階級に、日本がいざ統治をするようになって「従軍慰安婦」という制度を設けた。「キーセン」という大くくりの中から、高級娼婦「従軍慰安婦」を抽出したような恰好でぽんと置いたということです。日本軍の扱いは「性奴隷」ではなく、「金銭契約」であった。その仕事に使うには不適切な言葉かもしれないが、伊藤整いう所の「職業婦人」であった。ところが、元から現地では否応なく女を従事させている慣習があったという認識が日本政府にはなく、日本の遊女同等という認識をして「従軍慰安婦」の募集をかけた。結果多くの強制が生まれる。
 
 長くなりましたね。
 戦前多く日本にこの奴婢階級(ペクチョン)が「連れてこられた」と言われているんだけど、ドラマに多く登場する奴婢たちを見るにつけ、「連れてこられた方が幸せだったんじゃない?」と思うことが多い。本当に汚い、ひどい、貧しい。
 それに遊女史を知っている人はわかると思うんだけど、キリスト教思想が入ってくる前はそんなに性に関しては貞操意識が強かったわけではない。その種の本を読めばたいがいそう書いている。遊女といえば出稼ぎ感覚だった。なぜ出稼ぎになりえるかというと、民俗学を紐解けば見えてくるかと思う。

 朝鮮王朝400年という時間をかけて確立した制度のところに、日本が35年いって、そういうものを上に置いたところで、基礎となる慣習自体は変えようがなかった。今アメリカ、韓国に多く慰安婦像が立てられているけれども、私は、あれは朝鮮王朝下で性の犠牲になってきた、多くの奴婢階級(性奴隷)の女性たちの象徴だと思っている。そもそも「性奴隷」という言葉も、それに似つかわしい状態が半島にあったから出てきた言葉だろう。
 あの少女像が、たった35年統治の日本の慰安婦の象徴と我々がいうには、あまりにも厚かましい。謹んでご辞退申し上げるべきである。
posted by さきはなきよら at 22:16| 社会・政治

2017年11月12日

物価上昇率の目標に達しないのは大阪のせいでは

 去年学校で職員室の電気が切れ、女子休養室の電気も切れたので技師さんに交換をお願いにいった。技師さんは男性で女子休養室は女性教諭がついていなければならないというので私がぼーっと作業を見上げながら待っていたのだが、メーカーどこだろうと思ったら東京に本社がある会社だった。たぶんこの蛍光管も単価下げられてるんだろうなあ、それでもここでパナでも使ってあげれば損益補充の足しになるだろうになあと思ったが、入札制度だから無理かなとも思いつつ、ふと考えた。

 大阪府の高等学校は今多く廊下の電球が抜かれた状態で、学校によっては二階以上一本もついていない廊下もある。当然これは緊縮財政の結果なのだが、果たしてこれによって企業は幾らの損益をこうむっているのだろうか。
 私が年に蛍光灯の交換をお願いするだけでも五本はある。教員一人辺りそんなふうに交換を願い出ると府下教員一万人はいるから、単純計算で小中高校支援学校で五万本、さらにつけてないで本来換えられるはずだったものを入れるとまあ、七〜八万本にはなるだろうか。これの電球単価を一本辺り平均マイナス200円のものを使ったと考えると全部でマイナス1500万円ぐらい?
 そんな少なくないと思うけど。
 実際は府下で考えると府下公務員は八万人いる。
 まあ、こんな面倒な計算をしなくても、私が言いたいのは、府の予算がこうして毎年のように減らされ通知され、安いものに、あるいは使わないようにとされているが、結局つまるところ何が減らされているかというと、関わる企業の売上が大幅に減っているということなのだ
 学校の中でも、文房具、印刷機、コピー機、プリンター、トイレットペーパー、その他備品から大型のものまで、さらに清掃その他サービスも入らなくなっているから、億単位で削減されている。
 学校の中でさえそれなんだから、警察も消防署も病院もその他施設も同じことだと思う。
 数億、下手したら数十億。
 これだけ民間に金が流れていない。
 公共工事も大幅に削減されている。要するに土木関係者にも金が流れていない。
 先日人事院が、若い先生の給料があまりにも低すぎる、これでは人材が確保できないから給料をあげなさいと勧告したが、この勧告を蹴った。知っている人は知っているが、公務員給与表は、民間企業がそれに準ずる指標として用いている。つまり中小企業だと公務員の給料が下がればそれに合わせて下がるところも少なくないと言うことだ。
 上にも書いたが大阪府下、公務員だけで八万人いる。この人たちの金が動きにくいだけでなく、中小企業も同じ状態。物品の発注は億単位で減り、公共事業も削減、ついでに府の施設も削減。道路が未だにまだらのところが多い。道でつまづく危険さえある。

 大阪の周辺府県は、東京のそれと同じく大阪と言う大都市のベッドタウンであることも多い。滋賀だとて大津市からJRで40分、十分通勤圏である。近隣県に暮らしながら勤務先大阪という人も少なくないはずだ。これが一体、日本の経済動向の何%をしめるのか、誰か計算をしてみてほしい。
 つまり何が言いたいかというと、経済の中心都市の一つで、官庁主導型デフレ政策をやっているということ。みんなかつて橋下氏が公務員の給料を減らすと言って、拍手喝采で迎えたが、実はあれは自分達の給料を減らす助けになっただけのこと。その他府施設の下請けとなった企業の収益も下がり、土木工事業者の収益も給料が下がった。公務員だけで八万人の給与、これがさらにどれだけの影響となっているのか。
 しかも公務員にしても中小企業にしてもコンスタントに収入が入るはずのサラリーマン世帯、要するにローンを組み高額の商品を買う世帯でもある。
 
 現大阪府知事松井氏は、声高らかに「身を切る改革」というが、私には企業や民間を巻き込んだ一大デフレ主導以外のなにものでもないと思う。

 …実は今日初めてこれを書くのではなく、以前にも書いたことがある。その時は公務員の給料にばかり目がいったが、ふと、それだけではないことに気がついた。去年に気がついて何で今に書いているかというと、私が公務員の外の人になってからの方が説得力があると思ったのだが、もう外の人になろうという気持ちが強まったのと、プリンターがポンコツすぎて50枚の無駄紙が出たのに頭に来て、今書くことにした。
 
 日本の物価指数が上がらないのは、大阪府の「身を切る改革」のせいだと私は思っている。是非「大阪府のデフレ主導政策」に名前を変えていただきたい。
 最悪数百億は滞っている。

 安部政権も改憲の功績がほしいばかりに、あまりにも維新に肩入れしすぎなのではないか。結果として政権安定の基盤である経済で足を引っ張られては、元も子もない。
posted by さきはなきよら at 22:52| Comment(0) | 社会・政治

2017年10月28日

ミスドでこう考えた

 ミスタードーナツに行ったら夕方なので6個600円というのをやっていた。
 6個も要らない。
 食べきるのに三日かかる。
 この店の欠点は、一つだけ二つだけ買って帰るというのがしにくい。四つでも抵抗がある。単身者世帯が多いのになんでこんな大名商売的な売り方するんだろうと思う。
 一個二個買う人に、透明の袋か、紙で中が油よけしてる袋に入れて店員がガチャンとやれば自動的に空気入って閉じて、そのまま鞄に入れて持って帰れる機械をレジ横に作っておいておくとか、既に袋に入れていくつか置いて専用レジ作るとかすればいいと思わない?
 値段を下げるならそれぐらいすればいいと思うんだけど。
 6個売りだと紙袋になり、箱に入れてもらえないのでつぶれないよう気をつけて帰らないといけない。昨今菓子パンでもつぶれないように全て空気充填して袋詰めして売られているのになんか怠慢な感じがする。
 イートイン以外に持ち帰りの飲み物もないよね。
 
 でもよく考えたら駅近くのパン屋も似たような売り方して似たような値段で普通に買っていくのに、やっぱあそこは二個だけを買いにくい。パン屋みたいにビニール袋に入れて手提げに入れて、はい、みたいな手軽さがない、というかやっぱり紙袋があかんのよ。大量買い前提の売り方がいけない。
 しかもドーナツってパンと違って基本昼食べるもので、昼の客がどう流れてるかもあんまり考慮に入ってない。会社員の昼休みやちょっとの外出の時にスイーツは欲しく、昼食を食べた店に入ってそのあとミスドにイートインしてる時間はない。間が悪くダラーと並んで箱詰めしてるレジに一個の持ち帰りもしづらいし時間もない。
 主婦が買い物に出て、スーパーにあるミスドの前を通っても一個買うのはしづらい。しかもミスドの入ってるスーパーには大方ハンバーガー店が入っていてハンバーガー店のコーヒーの方が安く、だったらハンバーガー店のスイーツですます。同様に学校帰りの女子大生女子高生の動きも似た感じ。飲み物とあわせたら500円超えるよね。これは彼女らの昼御飯代と同じかそれより高い。主婦によっては三倍する。バブル期を知る世代ならちょっと自分に贅沢とかいって入るけど大方の若者は物心ついた時から不況なんでそういう贅沢なことはしない。
 イートインのコーヒーの値段を下げて質を落とせというのではなく、帰りに一個買って帰って家で食べやすいようにするべきだと思う。
 それかいっそもう作りたてにこだわらずその日のうちにさばけたらいい程度なら近所のハンバーガー店などと協力すればいいのに。夕方の駅近くのマクドナルドにいるとコーヒーと軽いサイドがすごい勢いで売れている。でも甘いもののメニューの数はお粗末きわまりない。「ミスドあります」店をつくればよいのだ。
 
 ちなみに6個買って帰ったんだけど、作りたてじゃなくても別にそう味が落ちるわけではなく、持って帰って冷蔵庫に入れても味はそこまで落ちない。エンゼルクリーム系をのぞく、たいていはラップにくるんで電子レンジで十秒でやわらかさが戻る。(これはおはぎや団子も同じ。)エンゼルクリーム系は逆に、持ち帰りの柔らかさが保てないなら冷蔵庫であえて冷やしてしまって、食べる時にお皿にのせてナイフとフォークで食べるとおいしい。
 …なんて持ち帰りの工夫もどこにも説明がなく、ただ今まで通り売るだけの売り方では衰退の一途をたどるのみだと思う。

 一個から買える、それがスタンダードにならないと生き残りは難しいのではないかと思った。
posted by さきはなきよら at 22:57| 日記

2017年07月30日

名前の由来

 「咲花圭良」の名前の由来である。
 どこかでちょっと書いたと思うんだけど…。
 歴史上の好きな人物を三人あげろと言われたら、菅原道真、楠木正成、そして漢の高祖の参謀の一人、張良で、そのうちの張良にあやかった名前をつけたいと思っていた。
 小学生の時の憧れの人はバイオニック・ジェミーだったが、高校で『史記』を習い、司馬遼太郎の『項羽と劉邦』を読んでからは張良になった。
 「幕のうちで謀をめぐらし千里の彼方で勝利する」
 これがかっこよくなくて何なのよ。今でも授業で「鴻門の会」をやると生徒はひとしきり私の「張良かっこいい」をきかねばならない。
 私は張良のような参謀になりたかった。
 ただどういう参謀になるかとか具体的には考えたことはなかった。
 高校の時もそれで色々、主に部活の何かで意見したけど、覚えてるのは高校三年の時、吹奏楽部が出来て仮部だったのだけど、文化部の部長たちがどうしても部に昇格させたくない、なぜなら部長に人望がない(なんであそこまでみんなS君を嫌ってたのかいまだにわからない)。ある日部長会議が終わって部室でアホーな話をしていた私の元に部長たちが怒りながら飛び込んできた。
「吹奏楽を部に昇格させんための案出せ!」
それが人にものを頼む態度か、と言ったかどうかは記憶に定かではない。ああだこうだと文句をきいた後で、
「つまりSってのは人望がないのよね。」
「そう。」
「じゃあ人望がなくて信用ならないから、期日までに部員以外の15名の署名を集めたら認めてやるって言ったら?たぶん無理やと思う」
「わかった。」
 で、また引き返して行ったのだけど(結局部長会議は途中だったのか?)、数日後、
「いけたで!」
「ふーん、でもそれ来年は通用せえへんで。」
「来年は来年の子らがすることやわ。卒業した後はしらんわ。」
 うーん、勝手だ。
 かぶれていたとはいえ、若さゆえの過ちというのか、いや結局は翌年は部に昇格したらしい。ごめんよS君。(でもなんであんなに嫌われてたんだろう。
 …内申7.×平均の地元中学が率先して受けさせる学校だった(私もその一人だった)。今5.×まで落ちててもう別の学校になっていると言われてるけど。

 そして今回筆名をつけるにあたり、やはり張良だよね、と思うものの、なかなかうまく使えない。
 張良の字を「子房」という。
 「房子」…う〜ん。
 子房ってそもそも花のあそこの部分よね(違ったっけ?)。花びら、額、おしべ、めしべ…変やわ。そこから色々探してるうちにア段の多いもので「咲花」。地名にもあるしOK、名付けサイトで検索にかけてみて良の字が使える良い画数がないかと見たら「明良」と「圭良」だった。…「あきら」は男性名みたいだし、教え子でいたよな…「きよら」か。古語で最上級の美しさを表す語だ、なんか厚かましい…で、かなり迷って「やっぱ良の字を入れたい!」と、結局はこれになった。
 でも自分で文字を打ち込む時は「けいら」と言いながら打ち込んでいる。読みを無視して字だけ見たら圭良も男性名なんだけど。
 ということで張良いっぱいの(と本人だけが思っている)筆名となった。

 今も目に見えてかしこい人より、「あ、この人わかってる」という人は、(恋のそれではなく)男女を問わず好きさ。才気走らない、でも気づいている、行き届いて不足がない、そんな人が理想だ。
posted by さきはなきよら at 13:41| Comment(0) | 日記

2017年06月11日

ブログ移転しました。

 ブログ移転しました。
 サーバーを移転してサキハナに引き上げるとブログもお引越しになります。

 とかいうものの、三か月以上も書いてなかった…。
 以前の記事見たら、「うっぜ、こいつ、うっぜ」としか思わなかった。
 まあいいや。
 サクラブログの欠点は、文字サイズをどうやって変更するんだべ、ということですかね。
 小さいな〜、文字。
 
posted by さきはなきよら at 00:32| その他