2017年11月12日

物価上昇率の目標に達しないのは大阪のせいでは

 去年学校で職員室の電気が切れ、女子休養室の電気も切れたので技師さんに交換をお願いにいった。技師さんは男性で女子休養室は女性教諭がついていなければならないというので私がぼーっと作業を見上げながら待っていたのだが、メーカーどこだろうと思ったら東京に本社がある会社だった。たぶんこの蛍光管も単価下げられてるんだろうなあ、それでもここでパナでも使ってあげれば損益補充の足しになるだろうになあと思ったが、入札制度だから無理かなとも思いつつ、ふと考えた。

 大阪府の高等学校は今多く廊下の電球が抜かれた状態で、学校によっては二階以上一本もついていない廊下もある。当然これは緊縮財政の結果なのだが、果たしてこれによって企業は幾らの損益をこうむっているのだろうか。
 私が年に蛍光灯の交換をお願いするだけでも五本はある。教員一人辺りそんなふうに交換を願い出ると府下教員一万人はいるから、単純計算で小中高校支援学校で五万本、さらにつけてないで本来換えられるはずだったものを入れるとまあ、七〜八万本にはなるだろうか。これの電球単価を一本辺り平均マイナス200円のものを使ったと考えると全部でマイナス1500万円ぐらい?
 そんな少なくないと思うけど。
 実際は府下で考えると府下公務員は八万人いる。
 まあ、こんな面倒な計算をしなくても、私が言いたいのは、府の予算がこうして毎年のように減らされ通知され、安いものに、あるいは使わないようにとされているが、結局つまるところ何が減らされているかというと、関わる企業の売上が大幅に減っているということなのだ
 学校の中でも、文房具、印刷機、コピー機、プリンター、トイレットペーパー、その他備品から大型のものまで、さらに清掃その他サービスも入らなくなっているから、億単位で削減されている。
 学校の中でさえそれなんだから、警察も消防署も病院もその他施設も同じことだと思う。
 数億、下手したら数十億。
 これだけ民間に金が流れていない。
 公共工事も大幅に削減されている。要するに土木関係者にも金が流れていない。
 先日人事院が、若い先生の給料があまりにも低すぎる、これでは人材が確保できないから給料をあげなさいと勧告したが、この勧告を蹴った。知っている人は知っているが、公務員給与表は、民間企業がそれに準ずる指標として用いている。つまり中小企業だと公務員の給料が下がればそれに合わせて下がるところも少なくないと言うことだ。
 上にも書いたが大阪府下、公務員だけで八万人いる。この人たちの金が動きにくいだけでなく、中小企業も同じ状態。物品の発注は億単位で減り、公共事業も削減、ついでに府の施設も削減。道路が未だにまだらのところが多い。道でつまづく危険さえある。

 大阪の周辺府県は、東京のそれと同じく大阪と言う大都市のベッドタウンであることも多い。滋賀だとて大津市からJRで40分、十分通勤圏である。近隣県に暮らしながら勤務先大阪という人も少なくないはずだ。これが一体、日本の経済動向の何%をしめるのか、誰か計算をしてみてほしい。
 つまり何が言いたいかというと、経済の中心都市の一つで、官庁主導型デフレ政策をやっているということ。みんなかつて橋下氏が公務員の給料を減らすと言って、拍手喝采で迎えたが、実はあれは自分達の給料を減らす助けになっただけのこと。その他府施設の下請けとなった企業の収益も下がり、土木工事業者の収益も給料が下がった。公務員だけで八万人の給与、これがさらにどれだけの影響となっているのか。
 しかも公務員にしても中小企業にしてもコンスタントに収入が入るはずのサラリーマン世帯、要するにローンを組み高額の商品を買う世帯でもある。
 
 現大阪府知事松井氏は、声高らかに「身を切る改革」というが、私には企業や民間を巻き込んだ一大デフレ主導以外のなにものでもないと思う。

 …実は今日初めてこれを書くのではなく、以前にも書いたことがある。その時は公務員の給料にばかり目がいったが、ふと、それだけではないことに気がついた。去年に気がついて何で今に書いているかというと、私が公務員の外の人になってからの方が説得力があると思ったのだが、もう外の人になろうという気持ちが強まったのと、プリンターがポンコツすぎて50枚の無駄紙が出たのに頭に来て、今書くことにした。
 
 日本の物価指数が上がらないのは、大阪府の「身を切る改革」のせいだと私は思っている。是非「大阪府のデフレ主導政策」に名前を変えていただきたい。
 最悪数百億は滞っている。

 安部政権も改憲の功績がほしいばかりに、あまりにも維新に肩入れしすぎなのではないか。結果として政権安定の基盤である経済で足を引っ張られては、元も子もない。
posted by きよら at 22:52| Comment(0) | 社会・政治

2017年10月28日

ミスドでこう考えた

 ミスタードーナツに行ったら夕方なので6個600円というのをやっていた。
 6個も要らない。
 食べきるのに三日かかる。
 この店の欠点は、一つだけ二つだけ買って帰るというのがしにくい。四つでも抵抗がある。単身者世帯が多いのになんでこんな大名商売的な売り方するんだろうと思う。
 一個二個買う人に、透明の袋か、紙で中が油よけしてる袋に入れて店員がガチャンとやれば自動的に空気入って閉じて、そのまま鞄に入れて持って帰れる機械をレジ横に作っておいておくとか、既に袋に入れていくつか置いて専用レジ作るとかすればいいと思わない?
 値段を下げるならそれぐらいすればいいと思うんだけど。
 6個売りだと紙袋になり、箱に入れてもらえないのでつぶれないよう気をつけて帰らないといけない。昨今菓子パンでもつぶれないように全て空気充填して袋詰めして売られているのになんか怠慢な感じがする。
 イートイン以外に持ち帰りの飲み物もないよね。
 
 でもよく考えたら駅近くのパン屋も似たような売り方して似たような値段で普通に買っていくのに、やっぱあそこは二個だけを買いにくい。パン屋みたいにビニール袋に入れて手提げに入れて、はい、みたいな手軽さがない、というかやっぱり紙袋があかんのよ。大量買い前提の売り方がいけない。
 しかもドーナツってパンと違って基本昼食べるもので、昼の客がどう流れてるかもあんまり考慮に入ってない。会社員の昼休みやちょっとの外出の時にスイーツは欲しく、昼食を食べた店に入ってそのあとミスドにイートインしてる時間はない。間が悪くダラーと並んで箱詰めしてるレジに一個の持ち帰りもしづらいし時間もない。
 主婦が買い物に出て、スーパーにあるミスドの前を通っても一個買うのはしづらい。しかもミスドの入ってるスーパーには大方ハンバーガー店が入っていてハンバーガー店のコーヒーの方が安く、だったらハンバーガー店のスイーツですます。同様に学校帰りの女子大生女子高生の動きも似た感じ。飲み物とあわせたら500円超えるよね。これは彼女らの昼御飯代と同じかそれより高い。主婦によっては三倍する。バブル期を知る世代ならちょっと自分に贅沢とかいって入るけど大方の若者は物心ついた時から不況なんでそういう贅沢なことはしない。
 イートインのコーヒーの値段を下げて質を落とせというのではなく、帰りに一個買って帰って家で食べやすいようにするべきだと思う。
 それかいっそもう作りたてにこだわらずその日のうちにさばけたらいい程度なら近所のハンバーガー店などと協力すればいいのに。夕方の駅近くのマクドナルドにいるとコーヒーと軽いサイドがすごい勢いで売れている。でも甘いもののメニューの数はお粗末きわまりない。「ミスドあります」店をつくればよいのだ。
 
 ちなみに6個買って帰ったんだけど、作りたてじゃなくても別にそう味が落ちるわけではなく、持って帰って冷蔵庫に入れても味はそこまで落ちない。エンゼルクリーム系をのぞく、たいていはラップにくるんで電子レンジで十秒でやわらかさが戻る。(これはおはぎや団子も同じ。)エンゼルクリーム系は逆に、持ち帰りの柔らかさが保てないなら冷蔵庫であえて冷やしてしまって、食べる時にお皿にのせてナイフとフォークで食べるとおいしい。
 …なんて持ち帰りの工夫もどこにも説明がなく、ただ今まで通り売るだけの売り方では衰退の一途をたどるのみだと思う。

 一個から買える、それがスタンダードにならないと生き残りは難しいのではないかと思った。
posted by きよら at 22:57| 日記

2017年07月30日

名前の由来

 「咲花圭良」の名前の由来である。
 どこかでちょっと書いたと思うんだけど…。
 歴史上の好きな人物を三人あげろと言われたら、菅原道真、楠木正成、そして漢の高祖の参謀の一人、張良で、そのうちの張良にあやかった名前をつけたいと思っていた。
 小学生の時の憧れの人はバイオニック・ジェミーだったが、高校で『史記』を習い、司馬遼太郎の『項羽と劉邦』を読んでからは張良になった。
 「幕のうちで謀をめぐらし千里の彼方で勝利する」
 これがかっこよくなくて何なのよ。今でも授業で「鴻門の会」をやると生徒はひとしきり私の「張良かっこいい」をきかねばならない。
 私は張良のような参謀になりたかった。
 ただどういう参謀になるかとか具体的には考えたことはなかった。
 高校の時もそれで色々、主に部活の何かで意見したけど、覚えてるのは高校三年の時、吹奏楽部が出来て仮部だったのだけど、文化部の部長たちがどうしても部に昇格させたくない、なぜなら部長に人望がない(なんであそこまでみんなS君を嫌ってたのかいまだにわからない)。ある日部長会議が終わって部室でアホーな話をしていた私の元に部長たちが怒りながら飛び込んできた。
「吹奏楽を部に昇格させんための案出せ!」
それが人にものを頼む態度か、と言ったかどうかは記憶に定かではない。ああだこうだと文句をきいた後で、
「つまりSってのは人望がないのよね。」
「そう。」
「じゃあ人望がなくて信用ならないから、期日までに部員以外の15名の署名を集めたら認めてやるって言ったら?たぶん無理やと思う」
「わかった。」
 で、また引き返して行ったのだけど(結局部長会議は途中だったのか?)、数日後、
「いけたで!」
「ふーん、でもそれ来年は通用せえへんで。」
「来年は来年の子らがすることやわ。卒業した後はしらんわ。」
 うーん、勝手だ。
 かぶれていたとはいえ、若さゆえの過ちというのか、いや結局は翌年は部に昇格したらしい。ごめんよS君。(でもなんであんなに嫌われてたんだろう。
 …内申7.×平均の地元中学が率先して受けさせる学校だった(私もその一人だった)。今5.×まで落ちててもう別の学校になっていると言われてるけど。

 そして今回筆名をつけるにあたり、やはり張良だよね、と思うものの、なかなかうまく使えない。
 張良の字を「子房」という。
 「房子」…う〜ん。
 子房ってそもそも花のあそこの部分よね(違ったっけ?)。花びら、額、おしべ、めしべ…変やわ。そこから色々探してるうちにア段の多いもので「咲花」。地名にもあるしOK、名付けサイトで検索にかけてみて良の字が使える良い画数がないかと見たら「明良」と「圭良」だった。…「あきら」は男性名みたいだし、教え子でいたよな…「きよら」か。古語で最上級の美しさを表す語だ、なんか厚かましい…で、かなり迷って「やっぱ良の字を入れたい!」と、結局はこれになった。
 でも自分で文字を打ち込む時は「けいら」と言いながら打ち込んでいる。読みを無視して字だけ見たら圭良も男性名なんだけど。
 ということで張良いっぱいの(と本人だけが思っている)筆名となった。

 今も目に見えてかしこい人より、「あ、この人わかってる」という人は、(恋のそれではなく)男女を問わず好きさ。才気走らない、でも気づいている、行き届いて不足がない、そんな人が理想だ。
posted by きよら at 13:41| Comment(0) | 日記

2017年06月11日

ブログ移転しました。

 ブログ移転しました。
 サーバーを移転してサキハナに引き上げるとブログもお引越しになります。

 とかいうものの、三か月以上も書いてなかった…。
 以前の記事見たら、「うっぜ、こいつ、うっぜ」としか思わなかった。
 まあいいや。
 サクラブログの欠点は、文字サイズをどうやって変更するんだべ、ということですかね。
 小さいな〜、文字。
 
posted by きよら at 00:32| その他

2017年03月17日

書籍版『箱の中』14章について〜主観読みの認識〜


 書籍版『箱の中』14章が、誤読されている。
 私がパラノイドだとネットで名指しで書かれて「は?」と思ったことにより察したことですから本人に確認したわけではありません。
 まあここまではいいんだよね。作品というのは、読者の手に渡った時点で読者のものだから、どう読んでも。
 問題は、書かれているそれを私自身の意見として読んでいるということで、思っている、考えているのはイコール私にされてしまっているということ。
 何度も書きますけど、わたくしは、日本の告白体小説である私小説は書きません。ほぼすべてフィクションと受け取ってもらっても構わないぐらい、フィクションを主流にして書きます。ですから、自分の考えや思いを、生まれも環境も育ちも生き様も何もかも違う登場人物に語らせるなどということは、いたしません。
 それっておかしいでしょ? 違う人間なのに。
 さらにそれでもって私を攻撃するとはどういうことかと。
 あの14章においては、確か週刊朝日の書評では神戸児童殺傷事件と絡ませて書いていたはずで、それを読んだ友人が「なんであんな話が出てくるの?」とえらく憤慨していたのを思い出しました。別にいいんです、どう読んでもらっても。ただ確かに、あの海辺の一セリフだけで判断するとそうなるかな、と今回読み返していて思いました。連続幼女誘拐殺人事件の一件ですよね。被害者の方もいらっしゃるので今回それもあって電子版では差し替えましたが、あれは一つの例であって、14章全体で判断してほしいんですよね、書いた側としては。
 文章というのは全体をもって一つの意味をもたせることは普通にあることですし、海辺の主張の説明はあのセリフ一つだけで終わってしまっているわけではありません。つまり14章は「タブーを犯す愉楽」が誰にでもあるということを海辺が拙い言葉で語るというのを目的にして書いていたということです。
 だからといって、『箱の中』という小説は、それだけを書きたいがために書いている小説でもないということを、あえてお断りしておきます。
 
 小説というのはたいへん難しいもので、生徒に大学入試の問題を解かせるときに、よく「自分の感想を入れて読んでしまいがちなので、書かれていることに対し忠実に読むように気をつけなさい。」と注意します。要するに文章、特に小説というのは主観を入れて読んでしまいがちで、書いていることと違うことをいつの間にか勝手に付け加えてしまうということがよくあります。そして選択肢を選び、解答を書いてしまい、間違える。これは誰でもやってしまうもので、京大阪大受験レベルの子でもやってしまいがちなミスです。私が以前ブログで喧嘩売られたときも「それどこに書いてるんですか」と聞いたことがあります。自分の思い込みを入れて他人の文章を読むんですね。認識のない方は認識していただきたい。

 『時をはらむ女』という小説の中でも、これをやられたことがあります。ネット掲載しているので読んでいただければいいのですが、「それが本当の恋なんや」という言葉の前の文章の部分に関してです。あの「なみ」の言葉の趣旨は、これから十代に入ってやりたい盛りになるだろう少年の、それをいさめるのが目的です。お読みいただければわかると思います。さらに加えると、「なみ」という登場人物が人生を生きてきた中で得た実感として出てきた言葉です。私は小説を書くときに背景設定はよくしますし、「なみ」のそれ以前のことを描いた作品は「花嵐」というタイトルでストックしており、まだ書いていませんので詳しくは書けませんが、出来ています。むしろあの「なみ」のセリフで、彼女のそれまでの人生を想像していただければ幸いです。
 したがって、あのセリフは私の考えではありません。私は「なみ」ではありませんし、「なみ」の人生は生きてはおりません。「本当の恋」は、読めばわかりますが、体だけの関係の対置を想定して選んだ言葉であって、そんな深い意味では使ってはいないんですが、あれを書いた当時、個人誌として出した時に、それなりにいい年のおば様方に「は?」という感想をいただきました。
 ていうか、なんでそこだけ抜いてきてムキになってるの?
 そんな感じです。
 ムキになっているのは結構なんだけど、全体の主旨はそれではないし、私に文句言われても、それは「なみ」という人物の中から出てきた言葉なので、私の考えではないのだけれど。
 大学の先生をしている人まで入っていた。
 しかも私小説としてとったとしても、私の告白は「なみ」ではなく「波広」ではあるまいか。
 感想文を書いているのではないのだし。
 あの時ムキになって言うおば様方に、そこだけ抽出して読む誤りと、人物の人生を人物の人生として受け取れないところ、それにプラスアルファを想像して、当時そういう誤読がよくあることと知らず、非常に恥ずかしい人たちだ、と思ったものですが、プライドを傷つけてもいけないのでその時は黙っていました。
 誤読しても主観の中で読んでも、まったく問題ありません。
 ただでも私は作文を書いているわけではないので、私を攻めるのはやめていただきたく思う。
 世の中Aさんにとっては真実でも、Bさんにとっては違うと思うことなんてたくさんある、それをいちいち否定していたら、お前にBさんの何がわかると言われるまでではないでしょうかね。違いますか。
 攻撃してくる人ってどこかで上から目線になっているせいもあると思うのだけど。

 こういう経緯を経て、なるべく誤解を生まないようにと気をつけて書いているんですけど、どうしても前後の兼ね合いでいれざるを得ないことも出てきます。それでも『巫女姫物語』の中の一台詞も変えたりしたかな。「健康なのです、心も体も。」という台詞ですが、そうすると障がい者蔑視に受け取る人が出てきかねない。それも大木村の巫女姫一族の娘だから出てきた台詞なんであって、心の方が秘密に塗りこめられた村の中で生まれた心、体は巫女姫一族の血を持った体という、非常に特殊なケースを想定して言っているんだけれども、当然それを作中で人物が自分で説明すると嘘臭くって仕方がない(ほとんどの人は学校の先生のように理路整然と立て板に水という説明はしない。それをするとリアルじゃない)。作外で私が説明すると非常に無粋な感じがする、その無粋さを犯すぐらいならと、削除して差し替えてしまったセリフです。
 最初読んだ中に、あれ、ないよ、と思ったら、そういうことなどを考えて削っていると思っていただきたい。

 何度でも言いたい。作文は書いてない。
 むしろ、なぜそう読み取ったのか、自分に問うていただきたい。
 
 私が教える子には、人間は主観の生き物だとか、小説の構造の話はするんですけどね。
 人を攻める前に、誤読じゃないかと疑ってみることも必要なんじゃないかと思います。自戒を込めて。
posted by きよら at 22:36| Comment(0) | 小説更新日記